現金自動預け払い機

現金自動預け払い機(ATM: Automated Teller Machine)は、銀行や金融機関が提供する電子機器で、ユーザーが銀行口座に関するさまざまな取引を自動的に行うことができる機械です。

ATMの主な機能:

  1. 出金: ユーザーが指定した金額を口座から引き出す。
  2. 預入: ユーザーが現金を機械に預け、それを口座に入金する。
  3. 残高照会: 現在の口座の残高を確認する。
  4. 振込: 指定した口座への資金の移動。
  5. 通帳記入: 通帳に最新の取引履歴を印字する。
  6. 各種手数料の支払い: 公共料金や税金、クレジットカードの支払いなど。
  7. 通貨両替: 一部の高度なATMでは、外貨の両替機能がある。

注意点:

  • 利用時間: ATMの設置場所や銀行によっては、24時間利用可能なものもあれば、限定された時間のみの利用となるものもあります。
  • 手数料: 出金や振込などの取引に関しては、銀行や時間帯によって手数料が発生する場合があります。
  • セキュリティ: PIN(個人識別番号)の入力が必要な場合が多く、他人に知られないよう注意が必要です。

ATMは、銀行の支店内はもちろん、ショッピングモールやコンビニエンスストア、鉄道駅などさまざまな場所に設置されており、日常的な金融取引を便利に行うための重要なツールとなっています。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です